ВапのまったりKO日記
KOジグ鯖h側でまったりと生存中のВапによる日記…のようなもの。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
弓ログ講座~最終回~
さてさてやって参りました!
今回で弓ログ講座も最後です。

内容は私のステ、装備、スキル配置、所持アイテムの公開と各相手にどれほど与ダメがいくか、最後に色んな戦況を想定した戦い方を、今回も完璧に自分視点で書き綴っていきます。

それでは早速私のすべてを晒け出します!
まぁ、今じゃアサに浮気してるから・・・あんまり意味ないかもだけど・・・w
あ、もちろん弓の時の装備なんでw

20070218012747.jpg


ダガヘル
赤ザクジャケ
ズボン、手足はキチン7
アクセは片耳以外はクエアクセ。
片耳だけ素9
武器は死翼7
コスプレは両方HP

これが私の基本装備ですね。

所持アイテムは左上から順に、
一段筋肉一式、エクス盾6、エナイオンR4
キチン7頭、ジャケ、赤ザクズボン、対スピ20腕、銅貨(みりゃわかるかw)
色々割愛して左下のは打撃タル、ソードタル、雷タル

POTの数やスキュの数もだいたいこんな感じ。
相手にプリ多かったりしたらスキュ大目、
相手に火力が多かったら赤ぽ大目
相手が少なかったりライオアトレア巡りは青ぽ大目と弱冠の変化はあります。

お次はステ晒し

狼のみ使用。上での装備時で武器だけ変えて
左が死翼装備。
右がエナイオン装備。

20070218011647.jpg


bもったいない時とかはエナイオンでって感じでした。
つまりエナイオンもっているときは狙い目だったってわけさw
んー、どちらかというと耐えれる装備って感じですね。
bなしでアトペアできちゃうからねぇw
火力特化装備ならもうチョイ攻撃力あがるかな。

そしてここで私のスキル配置公開!
ぶっちゃけどうでもいいか?w

20070218014137.jpg


基本はF1とF2を使っています。
違いは3,4、5。

   3     4     5
F1 シャドー  シャワー  キュア
F2 アーク   カウンター スキュ

分かりにくいかな?
他のは共通して同じ所に配置。
右クリックにMHです。
F3にはレア釣り用スキルとハイド、赤球イェイ♪

参考になるかすら危ういですが・・・、一応載せておきました。
やはり自分が一番やりやすいと感じたスキル配置がベストなんでしょう。

次に与ダメですが、まぁーこれは相手の装備によって同じ職でも違ってきますからねぇ。
だいたいの数値しか書けません。
先に言っておくと「前後」という表記は±50くらいみてもいいくらい弓の誤差範囲広いです。

では、条件としてシャドーショット(200%ダメ)で私の通常装備の時の与ダメを書いていきますね。
ヲリ 200前後
ログ 250前後
WIZ  250前後
プリ 180前後

ぶっちゃけ何の役にも立たない情報だな・・・w
攻撃速度が遅い弓でこの与ダメですから火力としてはあまり・・・orz
しかしタゲ合わせる事によって確実に相手に嫌がられるのでひたすら打ち続けてLAゲットしてください。
ログやWIZに300ダメ出ればそこそこ軟らかいのでキル取れる可能性は高いです。を

お次は色々な場面を想定した時の立ち回り考察していきたいかと。

・ソロ
弓はレアソロが楽なんでレア巡回をソロですることが結構あるかと思われます。
しかしタイマンだと相手が張り付いてくれるかbいれてないかのどっちかじゃないと勝てません。
なのでほとんどの場合は逃げるかtかの選択しかないのですが。
しかしそんなことも言ってられないのである程度経験して来た事を綴りますね。
基本はシャワー張り付きです。なので武器は死翼7以上を推奨。
最初にスキュクスをぶっこむのが弓のタイマンの定石かな。
しかしそれやると張り付いてくれなかったり赤球投げてきたりするヤツもいるので分が悪いと感じたときにすぐ撃てる様にするとか、とにかくスキュクスを上手く使えると勝率はあがります。この辺は慣れかなぁ。

とりあえず各職ごとに必勝法でもw

対弓
以前の私はアロータル、赤ザクズボン(対死翼用)で他は素装備。
与ダメはほとんど誤差範囲で変らないのでいかに耐えれたほうが勝ちか、って感じです。
でも実際は全身素装備でも大差はないので問題なし。
対弓で重要なのはいかにFAを取れるかで、さらに5発全弾を当てれるか。
正直これですべて決まるといってもいいかも。
んー、かなり高度な業なのですが・・・、相手が張り付くためにこっちに向かってきていると察知したら先に攻撃できるよう貼り付かれる前にタイミングよく全弾命中するようスキル発動、というものがあります。
これはpt戦でも使えますし、しかし周りがしっかり見えていないとできないのでとにかく慣れかと・・・。私も出来るとき出来ないときあるし・・・w

あと「ヤバイ、負けるっ」って思っても諦めないこと
結構このハートが重要でもある。
残りhpが100台だったとしてもすぐ赤ぽ飲めるタイミングなら720回復して一撃は耐えれる、こっちもあと一撃で倒せるかも・・・、・・・いけるっ!って思うと倒せたりします。
まぉ負けることもありますが最後までの粘りが勝ちに繋がります。もともと条件はほとんど変らないんだしね。
こういうギリギリの時も何度もありましたが結構スリルがあって楽しめます。
なので心で負けてはいけません。

そして張り付く前のhp、mpの残量ですね。
シャワーの消費は150なので普通に張り付き勝負ならmp全快にしておけばmp切れを起こす前に勝負が付きます。
しかしもしmpが半分しか残っていなかったら・・・?
当然、途中で青ぽを飲まなければならないのでその分hp回復が減ります。
同じ弓でキャンセル等のpsが関係しない分、一回分のPOTが命取りです。
自分のmpは常に四分の三にしておくよう管理しておく習慣をつけると良いかも。
私は青ぽを二種類持ち歩いてます。480と960。余分に回復すると勿体無いもんw
ほんとはレンコンのがいいんだけど経済的に・・・orz
まぁ、480青なら割安だし、余分に回復することも少ないから使い分けれるといいかもです。
戦闘前にmp、hpの調節を。

対アサ
アサとタイマンで張り付き勝負なら弓が有利です。
アサがシャワーを耐えれるには相当な廃装備でなければ無理です。
なので相手はsキャンセルなり走り斬りなりで対応してきます。
その場合はスキュでも撃ってtかなぁ。
あまり強く無いと感じたらひたすらシャドーショットでもいいかも。

対ヲリ
これもおそらく走り斬りで対応されるはず。
シャワーを使うかシャドーを使うかは相手の走り斬りの上手さとかを見て使い分けましょう。
てかシャドーでは相手のhpを削れるかどうかも怪しいところ・・・。
例え張り付いてくれたとしてもヲリの攻撃にログの紙防御じゃ耐えれません。
なので最低でもタルは必須
耐性防具でも・・・効果はありますがそれでもダメ結構くるので厳しいと思われます。
相手次第で勝つこともあるかもですがあまり分のいい相手じゃないです。

対WIZ
まぁ、走り斬りされたら勝てません。
雷WIZとかもってのほかです。
唯一勝てるとしたらマネスで勝負してくれる方くらいでしょう。
それでも目盾持ちだと反射が痛くて結局耐えれないかも・・・。
bなしならカウンターショット(今は名前変ってるっけ?w)で一撃で仕留めれるかもなんだがなぁw

対筋プリ
これも走り斬りされたら勝て無いねぇ。
タルつければある程度耐えれますがよっぽど張り付いてくることは無いと思われるのでLFで逃げながら遠距離チクチクでいいかもw

と、まぁタイマンでやれることはこんなもんです。
あまり良くない仕様だねw
鈍足やスタンさせれるスキルが低キャラでも使えればまだ立ち回りの幅は広がるのだが・・・。
運営にみんなで訴えましょうw

・pt戦
フルptになることは少ないと思われるますので小規模ptと大規模(他に1,2ptがいる状況)の二通りの場面を想定し、さらに相手も多い少ないあると思うのでそれぞれ書いておこうかと思います。

h小規模VS小規模@
攻撃は前衛に合わせてるか事前に決めているタゲに合わせる。
相手にプリがいるようならディレイが切れ次第スキュクスを撃ちまくると相手の補助が途切れて優勢になります。
相手にプリがいなくても脅威な相手がいればスキュで攻撃の足止めをさせたり、まぁとにかくスキュ撃ちまくっていれば優位になれるということです。
私は消費の激しいヲリや廃人アサ、阿呆みたいなダメがくるWIZにもスキュ撃ったりします。

その場が優勢と判断した場合はひたすらタゲに攻撃粘着してキルを取りましょう。
逆に劣勢と判断したら一旦引き、タゲの変更等の指示したり出来ると○
キュア、MHで死にそうな人を助けることも忘れずに。

h大規模VS小規模@
つまりhが多くてLA取り合戦の場合。
この場合はひたすら粘着攻撃でおk。
LAの取り方のコツとしては一回攻撃。その間にタゲは集中しているかを見る。
別のタゲをhが追いかけているようならタゲ変更。
この場合は攻撃する前にLA取られちゃうかもなんで判断は早く。
そしてタイミングを見計らってカウンターストライク。

h小規模VS大規模@
h陣封鎖とかの時は無理に前出すぎて無駄死は避けたい所。
あまりにうざいようなら通常の倍のスキュクスを持ってきて嫌がらせするのもありかなw
押し返せる戦力が整うまでは自分や味方が死なないようにするのが一番。
相手が崩れたと判断したら攻撃してLA狙いましょう。

h大規模VS大規模@
半戦争状態みたいな感じでかなり入り乱れている状況。
第一は味方への補助。
第二に味方ptメンバー近くの脅威戦力にスキュあるいは攻撃。
戦闘前に戦力が互角と判断したならプリを狙ってスキュ。
劣勢なら引き、相手戦力を分散させてみたり引きの合図を出したり。
優勢と感じたらガンガン攻撃してLAゲットです。

だいたい弓の役割ってのが決まってるなぁってのがこれを見て分かると思いますが・・・。
ようは不利なときはスキュ使って少しでも戦況が良くなるように、
逆に有利なときはLAを狙う。
うん、簡単な用でその立ち回りは難しい。
なんたって攻撃を受けるわけで、走りながらできる事といえばMH連打くらい。
つまり立ち位置が重要になってくるってこと。
弓単体では鴨なので相手も狙い安いわけです。
なので狙われないよう、見つかりにくく周りの戦況を判断できるところで攻撃&補助です。

弓はかなり地味ですが特定の職(プリとか)にこれでもかってくらいスキュ粘着とかすると嫌がられます。
嫌がるって事は戦いにくい。ってことは邪魔になって補助が行き渡らず相手ptを崩せる事に繋がります。
UZEEEEって弓になれば一人前です。
まぁ、ただスキュだけなら誰でもできるがw
qの早さやMHで味方を助けるのも弓の役目です。


最後におまけ

~戦争編~

低クラスならやっぱ死翼が一番ダメ出ます。
が、射程が短いからアイアンやエナイオン、ヘレニード、ドラゴン弓でもいいんじゃなだろうか。私は

ルナ  基本エナイオン、優勢+乱戦時死翼
闇ルナ ほぼ死翼のみ

と、ルナの時は武器の付け替えをしていますが闇ルナは面倒だし死翼のがダメがあきらかにでかいのでこれ一本でやってました。

んで、立ち回りだけどLFあるから引きころされるか鈍足くらうかじゃなければ普通は死にません。遠距離から攻撃できるしね。
なので弓は戦争をやりやすい職と言えます。
でもキルなかなか出せない><って方もいるでしょう。
それでも私は闇ルナで平均8~10はキル出せていたかと思います。
まぁ調子よくても14くらいかな。
んじゃそのコツは?というと・・・。

・手数で勝負!そのためには戦場に長い時間いられることが重要。tしないよう引きのタイミングをしっかり把握し追撃時の反応が送れ無いようにする。
・攻撃を食らったら赤ポ+MHで回復しつつ後退。
・狙いはWIZ,アサ、筋プリ。
・攻撃モーション中にタゲが倒れているところを確認できたらすぐにwでもクリックでもいいのでスキルをキャンセル。次のタゲに移ること。
・攻撃時は誰でもいいので1人は盾にする。(酷い話だがw)


まぁこんなところだろうか。
正直今の闇ルナは面白く無い状態(@陣半封鎖、@は無敵地帯で遠距離攻撃)なので弓だとキル取りにくいかもね。
昔は中央で均衡が破れるまでの押し合いへし合い中がキル取りやすくてウハウハだったんだけど・・・w

ん~、せっかく指揮官になってるんだから何かいい方法はないか検討中です。
あ、ちなみに弓が馬に乗ってもぶっちゃけいいことは少ないです。せいぜい狼をかける速度とLF連打しなくていいことくらいで・・・。
アサなら追撃時がすごくやりやすいけどやっぱりヲリや筋プリの馬がせこいと思うのは私だけだろうか?w

以上で弓ログ講座は終わりです。
いかがだったでしょうか?
少しでも役立つ情報やら何やらがあったら幸いです。

今や低キャラをアサにしちゃったんであれですが・・・。

すべての弓ログに栄光あれっ!!!

スポンサーサイト
弓ログ講座 part②
夏の大型UPDで変更点があり、前に語った講座の修正を加えていきたいかと思います。


このUPDにより新しく追加されたスキルは59レベまでで二つ。
・ カウンターストライク(52スキル)…防御力無視の200%ダメ
・ シャドーショット(57スキル)…100%命中200%ダメ

この二つはどちらとも「使える」スキルである。

まずシャドーショットの登場によりガイドアロー(100%命中100%ダメ)は必要なくなった。つまりおさらいすると、使う攻撃スキルは四つ。
・ シャドーショット
・ カウンターストライク
・ アークショット
・ シャワー

である。

シャドーショットの登場により、理想的なレベルは57以上といえるだろう。
そして新スキルそれぞれをどのような効果があったか調べてみた。

 まずシャドーショットであるが必中スキルということもあり、多少アークショットに比べ火力は落ちるがこれからはほとんどこれがスダンダードな攻撃といえるだろう。消費MPが200と最大MPが少ないログには少々キツイが問題はない。必ず当たるので手数が増える分LAが取りやすくなったといえる。
ここでアークショットとどちらがダメを多く与えるか、論理的に考えてみよう。
例えばシャドーショットを5発当てたとする。これで1000%のダメージを与えたことになる。
アークショットで同じく1000%のダメを与えるには5発中4発を当てなければならない。命中率80%・・・。これは相手が動き回るPKではそこそこ高い命中率であり、よほど相手が動けない状態でしかありえないことである。
 このことからもシャドーショットはかなり有効であると言えよう。

次にカウンターストライク。
 現在はまだバグでスキルの説明が違っているが効力の防御力無視200%ダメは健在。
 では実際にどの程度のダメを与えられるのか・・・。
 とりあえずそこら辺のMOBで試したところ最大ダメは500%程度。遠距離からのシャワーとでも言える。
 ではPKではどうかというとMOBほどの実感はないが確実にかなりの与ダメであった。
相手の防御力にもよるが相手がヲリや硬プリだった場合には通常の4~5倍はいくのではないだろうか。私の装備とステで約600ダメ前後であった。
 遠距離からのこのダメは脅威であろう。
しかし欠点もいくつかある。
一つはディレイがやたら長い。二分である。あまり乱射できないは辛い。そのため、FAかLAのどちらかに秘密兵器を使う、って感じに扱えれば良いのではないだろうか。
もう一つはダメが安定しないこと。おそらく、あくまでも個人的意見だがこのダメージ判定には二つあり、ヒットとクリーンヒットがあるのではないかと思う。簡単に言えば250%程度のダメと500%程度のダメの時がある。
確立はどの程度か分からないがただのヒットも結構頻繁にあるように感じられた。
これも難点である。
あとは必中スキルでないなども欠点だろう。


 それぞれ長所短所はあるが、使い方によってはこれからのPKをかなり有利に進めることが出来ると思います。これらの新スキルにより攻撃的な弓も可能です。しかし補助できてこそ弓ログ。pt戦での役割も理解しておくべきです。
 ソロでもよりやりやすくなったし、一人で何でもこなすログならソロも悪くありません。それでも私はpt戦が好きですけどね。それは各個人の自由です。


 もう一つ。クエストでアクセを貰えるようになりました。これがかなり使えます。
 素早さ補正は弱冠落ちますが体力は補正+9程度と大幅に上昇し、微妙な抵抗や防御力がついているものもあります。
 これらは狩りにはあまり使えませんが対人戦ではかなり有効かと思われます。正直、廃アクセと見比べてもそれほど見劣りはしません(もちろん既存の廃アクセの方が性能はいいしUPG出来るので使い道は広いです)。サブキャラでの装備程度なら十分に機能してくれるはずです。
 しかし難点が一つ。取引やUPG出来ないのはいいとして、一番の問題は倉庫に預けられないことです。例えば全箇所、つまり6箇所分のクエアクセを所有している場合、狩りの時にはインベントリを六つ占領してしまう事になってしまいます。これはメインキャラではやりたくないですね。ですが低専用ならばなんとか問題はないかもしれません。
 使い方やその人の裕福さでいろいろと考えさせられる部分がありますが、このクエアクセも有効に使っていけるといいのではないかと思います。

また変更点、修正点がありましたらこの弓ログ講座も更新して行きたいと思います。
あ、次は私のスキル配置とか装備とかでのダメを参考程度に載せようかなw
弓ログ講座
初めに・・・
 ここでは私、Вапが低開拓(アルドリーム)にて培ったものをまとめて晒そうという、いわば自己満足なことを語っています。もし、ここを見て、「これはおかしいだろう」とか「これ違うんじゃね?」とか思っても私の考えがそうであるだけなのであまり気にしないでください。明らかな間違いがありましたらご指摘くださいな。
 ここで語る内容としての条件としては低開拓での弓ログとしての立ち回り。そして基本的にはptを組んだ状態として考えてください。弓ログはpt戦でこそ真価を発揮するからです。
 蛇足な文も結構ありますので重要だなと思われるところは赤字で分かりやすくしておきました。
それでは長くなりますがじっくりのんびり参考程度にしていってください。


弓の特徴
・ 遠距離からの攻撃
・ LF(ライフフィート)が使える
・ 上記のことからタゲをもらいにくく、死ににくい
・ 回復スキル有
・ 攻撃することにより呪文詠唱をキャンセルさせれる
・ 攻撃速度が遅い上に立ち止まらなければ弓を撃てない
・ HP、防御、共に紙
・ 単体での攻撃力はそれほどない


Lv
 低で活躍するには少なくとも50Lv以上は欲しい。出来ればシャワーを撃てる55Lv以上がいいのだが、もちろん低での限界である59Lvが一番望ましい。


ステータス
 キチン+6が着れる体力90まで振り、残りは素早さがスタンダード。
 体力をフルプレ+7で止めたり赤ザクの着れる70で止めるなどの方法もあるがログのHPの低さを考えたらあまりお薦めは出来ない。もちろんHPを減らしてでも素早さ全振りを目指すならばそれはそれで面白いとは思う。
 ちなみに体力90でbなし、体力補正なし、Lv59の場合でおよそHP1000程度。装備しだいで変わってくるがログは火力あってこそだ。自分のスタイルに合わせよう。


スキル
 メインは当然アーチェリーに。サブはスカウティングにしよう。サブにアサへ振ってステルスを覚えるという方法もあるがはっきり言ってネタキャラ。LFやキュアを使えないログはあまり役に立たない。スキル的にはシャワーの撃て、キュアの撃てる、アーチェリー55、スカウティング36までいけばOKである。


装備品
・ 武器
アイアンボウ…基本的な攻撃力は最も強い。お薦めする弓の中では比較的安価だが+8からしか光らないので見た目が悪い。補正もない。これを装備した人はあまり低では見かけません。
キチンボウ…攻撃力はアイアンより弱冠少ないがMP補正と毒抵抗があるため使いやすい弓。MPが増えることによりMH(マイナーヒール)の連打がさらに有効となる。
エナイオンボウ…筋補正が付いておりPOTを多少多めに持てるが過積載でも何とかなる。アイアンやキチンより属性ダメが20多い。電撃属性なので光っていると比較的カッコいいと評判?らしい。
死翼弓…攻撃力自体は上記三つより劣るが+7での属性ダメが電撃50、毒250と抜群の破壊力を有している。が、その代償として筋力と体力のマイナス補正が結構あるため死に安くなるのと、射程距離が上記三つの40なのに対し死翼は35と短いので遠距離攻撃という最大の利点が多少なりと薄れるいうデメリットがある。まさに諸刃の弓。

どれもそれほどの攻撃力は違わないので自分のスタイルに合ったのを選んでほしい。シャワーを狙いにいけるようなら死翼をお薦めしますがこの前のUPDからマイナス補正が適用されたのでその辺も考慮したほうがよい。
+6以上(死翼なら+7)ならばそこそこの火力がでるので十分だがそれ以上ならなお良し。

・ 防具
基本はキチン。+6以上の素エンチャなら標準であろう。
あと用意しておくとよいのは赤ザクとダガヘル、タルリアくらいだろうか。WIZが多いようなら赤ザクを2箇所くらい着ておけば大丈夫。アサが怖いならダガヘルやダガタルで対処しよう。低開拓のヲリはさほど怖くないし筋プリも気をつけてさえいれば足が速いため振り切れる。そのため個人的に怖いのがアサとWIZであったりする。
防具は臨機応変に付け替えれると良い。
・ アクセ
ケクリンは素があり魔法抵抗各種揃っているので命リングなどの廃装備できる人以外ならば一つか二つはつけておこう。ただ、今はケクリンの値段がありえないほど高くなっている。前までは10mくらいでナイスなコストパフォーマンスだったのだが・・・・。耳と首輪は+9かユニーク。この辺は金銭的な面で差がでるかも。ベルトは転職前の命中率を考えれば攻撃率35%UPが基本。
アクセで火力を上げるか守りを固めるかは自分で考えて色々試してみよう。


立ち回り
 基本的にはタゲをもらわない程度の遠距離から攻撃する。
 弓は走り斬りできないし、走り回るアサ、ヲリ、ブレードWIZ、筋プリにしつこく攻撃されると分が悪い。タイマンなら弓は最弱、という考え方もあるほどだ。ソロでTUEEEEしたい人は潔くアサにしたほうが得策であろう。ただし、アサ以外ならLFで逃げ切れるため一時逃げて振り切った後、再び戦線に復帰し淡々とダメを与えていける。乱戦になると後方のプリやWIZは比較的足を止めていることが多い。チャンスを見計らって横から近づきシャワーをズドンと狙うのも弓の醍醐味。
 そしてなんと言ってもログはWIZ同様に防御、HPが低い。だがヲリや硬プリとは違った「死ににくさ」を持っているのが弓の特徴だろう。足の速さと遠距離攻撃。このことからタゲをもらいにくいのである。回復スキルもある死なないログは脅威。いつまでも淡々とダメを与え続け、気づく前に死亡ということもある。そのためにはとにかく「タゲはもらわない」ことが重要なのである。ただでさえ立ち止まってしか攻撃できないのだ。タゲられたまま攻撃すると他の敵からもタゲられる。そうなれば・・・。キュアなどの回復的なサポートもログの役割であるため、少しでも長く戦線に立っていられることによりptの勝率もあがるはず。


攻撃
 弓の最大の利点は遠距離から比較的気づかれにくくダメージを与えられるということだ。タイマンではあまり強くは見られないが、戦争、pt戦になると大いに活躍する。後方からの遠距離攻撃はタゲが合わせやすいからだ。つまり弓の攻撃は「いかに味方とタゲを合わせられるか」が重要であり、それを見極める「判断力」が必要なのです。
前衛やWIZとタゲを合わすことにより自然とLAを取れるようになるはずです。
攻撃力はアサ、火力WIZ、筋プリほどはないが平均的にそこそこのダメを与え続けれる。むしろあまりアロー耐性をつけている人がせいぜい神殿盾などのプリくらいと少なく、WIZを怖がって赤ザクを来ている人にはダメが通りやすい場合さえある。軟らかいWIZやログ、筋プリならば一人でも隙さえつけば逃げられる前に倒せたりもする。
 また、WIZ、プリなどを攻撃していると呪文詠唱をキャンセルさせられるときがある。敵の手数を少なくさせれれば当然有利になるので積極的に狙っていこう。

攻撃スキルは主に三つ。
・ ガイドアロー(100%ダメ、100%命中)
・ アークショット(250%ダメ)
・ シャワー(100%×5本)
基本的にはアークで攻撃するが素早く動き回るアサなどにはガイドで少しでもダメを与える。隙をみてシャワーなど、相手の動きを良く見て攻撃しよう。

※シャワーの有効性
 全弾命中で500%は魅力的。足の速さを活かし、立ち止まっているWIZ、プリ、弓に素早く近づきシャワーを撃ち込めばキルする確立はかなり高くなる。特に属性ダメの高い死翼弓は一本一本に属性ダメがつくので半端じゃないダメージを与えることになる(ただしMOBほどのダメは期待できない)。雷WIZがptにいるとき、スタンで固まった敵を見かけたらとにかくシャワーを狙おう。
 しかしメリットもあるがデメリットもある。まずシャワーはほとんど0距離から撃たなければ全弾命中しない。下手して1,2本しか当たらないのでは意味をなさない。次に前線に出ることからタゲをもらいやすくなるため、ログの軟らかさがもろにでてしまう。いかにタイミングよく飛び出し、引き際を判断するかが重要である。
 これらは慣れればなんとかなるだろう。いわゆるPS(プレイヤースキル)が関わってくるのだと思えばいい。


補助
 弓の補助はプリ同等とは言えないが、足、キュア、MH、スキュクス、ルパンアイ、狼、など、中にはプリにはない有効なスキルを持っている。これらをマスターすることにより、自分も含めて味方の生存率、また勝率も上がる。

・足(LF、sw)
 ログの代名詞とも言えよう。追撃時には先頭に立って弓を射る特攻隊長、または逃げ足No1の名声を欲しいがままである。右クリックにセットしておき、開拓を縦横左右に駆け抜けろ!
 たまに自足を使わない人もいるのでその場合は快く足をかけてあげよう。その人が足切られたと思ったら素早くかけ直して上げるのもログの役割です。
ログはヲリの足切り、WIZの鈍足、スタンをもらうと一気に死亡率が跳ね上がる。赤ポ連打しながら急いで回復しよう。やむを得ない場合や戦況が悪いときにはtするなど、一瞬の判断が命取りとなる。
・キュア
 パラマリを食らうとどの職も一気に弱体化する。プリにキュアを任せっきりにするのは良くなく、なるべくプリにヒルをしてもらうためにはログが積極的にキュアしなければならない。WIZやヲリは自分でキュア出来ないのでpt欄を常に確認しすぐにでも助けてあげよう。上級者になると相手がモーションに入った瞬間にキュアするという達人芸を可能にしているので、これもぜひ身につけて欲しい。
 ただ、ログはプリと違い、キュアするにはアイテムがいる。これが非常に重い。一個
で15も重量があるのだ。そのためせいぜい10~20個程度しか持てない。過積載を利用してなるべく多く持てれるようにしよう。

・MH(マイナーヒール)
 消費MP100でHP60回復と少々燃費が悪い回復スキルだが、プリのヒールと違い詠唱時間、ディレイがなく連打可能というところが非常に役に立つ。これを上手に使いこなせればかなり粘り強くなるだろう。
 しかし、無理に使おうとすれば逆にMPを使い切りLFで逃げれなくなったり、青ポ飲んでいる間は赤ポを飲めないので回復が間に合わなかったりと扱いに慣れていないと厳しい。ここら辺からPSの差が出てくるのではないだろうか。
 裏技として、右クリックにMHをセットし、Ctrlキーを押しながら右クリックするとクリック1回でスキルが発動する。このことでMH連打がしやすくなるので練習すると良い。

・スキュクス
 弓にしかない、相手のMPを一気に0にしてしまうという嫌なスキル。少数ptのヒルプリを狙えば数秒間ほど相手のヒルを止められる。そうすれば自分がLAを取れなくてもptの勝利数は増えるだろう。1920ヒルを連打しているプリをみたら撃ってみよう。
 ただし、このスキュクスのアイテムも重い(重量25)。さらに結構高い(一個約8000ノアは貧乏な人には痛い)。ここぞというタイミングでスキュクスを撃てれば十分だろう。

・狼、目(ルパンアイ)
 この二つは常にかかっているように確認しよう。開拓ではステルスアサが潜んでいるので目は特に気にかけていよう。消費MP200は少々キツイがptのことを思えば大したことではない。ちなみにほかのログさんが目を入れると右上のアイコンには表示されていないがきちんとpt全員に効果は発揮されている。

 これらのように弓ログには補助的な役割も多く、上手いログがいることによりそのptは強くなる。
 一見、弓を撃つだけの簡単な職業にも見られるが思っている以上に奥が深く、初心者から上級者まで楽しむことが出来るであろう。


まとめ
 上手くなるためにはとにかく経験を積むこと。最初は負けても良い。負けた分だけ経験値として自分に残るからだ。「今のはこうだったからダメだった。じゃあ次はこれを出来るようにしよう」と、前向きに自分を磨いていけば活躍する日も近いはず!


さいごに・・・
 人それぞれ違う考えを持っていますからこれらのことは一概に正しいとは言い切れません。理想形とは皆、違うものです。それでもこの話の内容が誰かの役に立ってくれたらなと心から願っております。
世の中いろんな人がいるので中には低開拓で弓が活躍するのは厳しい、という方もいるようです。たしかに必中スキルが100%ダメしかない転職前では転職後に比べ見劣りはします。ですがそれでもやり方しだいで十分に低開拓にて活躍することは可能です。ジグ鯖にも沢山の強い弓ログ様がいらっしゃります。私もその中の一人に君臨できるよう(無理だろうけど)、日々努力しているつもりなので皆さんもめげることなく頑張って欲しいと思います。
GOOD LUCK!

長々と語りましたが最後まで読んでくださりありがとうございました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。