ВапのまったりKO日記
KOジグ鯖h側でまったりと生存中のВапによる日記…のようなもの。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Tomorrow_never_knows
あまりに運営の対応の悪さに半ば呆れてる‡フェンダー‡です。
結局、Banは復活することはないのだろうか・・・。

被害状況をざっと考えてみた。

死翼+7、ログキチン+6素全身、素耳+9×2、ケクリン、指と首輪+9素、攻撃率35%UPベルト、RMB(b、d、FS)、キチンボウ+6、他。
総額350mくらいだろうか・・・。

そしてなにより半年かけて育てたLv60 経験値97%のキャラ。


正直、萎えますね。
運営は気づいているのであろう。どんどんKOが過疎化していることを・・・。
その理由が何であるかも・・・。

この後、私はなにか行動にでるのであろうか・・・。自分でも分からない・・・。運営に返事を送るかも悩んでいる。実際、ほとんど諦めかけている自分がいるからだ。
まぁ、とりあえずやれるだけのことはやっておこう。ええと、不正にアクセスされたであろう時間帯を運営に聞いて、もしされているようなら公共機関でなんとかしてもらうんだよな・・・。
はぁ・・・。億劫だ・・・。


この日記のタイトルは「BanのまったりKO日記」である。
もう今の状況はBanではないしまったりとしてもいない・・・。
ただ日記という形だけが成立している。
そう、愚痴をこぼす場所として・・・。

・・・。

あぁ、それはまずいな・・・。
うん、ダメだ。


よし!
ここで一つ、クランの名前から話題をもってきたいと思います。
かなり真面目に書こう。



Tomorrow_never_knows



これが私が名づけ、設立したクラン名だ。
まず由来から説明しよう。
と、いうのも簡単だ。私がMr.Childrenの大ファンであり、彼らの曲の中でも一番すきなのが「Tomorrow never knows」だったからだ。
パクりかといわれればそれまでだが実はこのタイトルの元をたどればあのザ・ビートルズに結びつく。そう、ミスチルもビートルズをパクっていたのである。そしてこの曲がミスチル最大のヒット曲ともなる。そこに縁起を担いだというのが由来の一つであるのだろう。まぁ、話せばいくらでも語れるのでここまでにしておくが、私がこの英単語三つに大きなものを感じて名づけたのは言うまでもない。

Tomorrow_never_knows・・・。直訳すれば「明日を知ることはない」である。歌詞の中では「明日は見えない」と歌っている。
暗いイメージがあるであろう。曲もマイナーコードから始まる。
しかし、ミスチルの良さというでもあろう、「マイナスの力をプラスの力にかえる」ということがひしひしと伝わる。私はそこに一番の意味があるのだと思う。
どんなにつらいことや大変なことがあっても、前に進み出ていこうという心を持っていて欲しい。そういうクランでありたい。
例え明日すら見えなくても、だからこそと頑張る!

このような願いをたった英単語三つに込めた。


さて、このクランを設立したのは私が46Lvのときであった。若気の至りであろう。無謀な挑戦だった。
しかし、このゲームを始める人の手伝いや少ない知識で誰かの役に立てるだろう。また、まったりとやりたい、そんな方がいるのであれば私と同じ考えであり、一緒にやっていきたいと思ったからこんなあほぅな行動をしたのかもしれない。

で、クラン設立後、初心者を集めまったり話をしながら狩りをする。
いい雰囲気であった。
人もフルpt組めるほど集まった。
楽しかった。

しかししばらくするとメンバーは一人、また一人と顔を出さなくなった。
最終的に残ったのは私と時折(土日のみ)に顔を出すおいごくんだけであった。
寂しいか?と問われれば寂しいに決まっている。
その状態が一ヶ月ほど続いた・・・。

年末、私は決意した。クラメンを募集しようと。
これまではメンバーの少なさから募集するのを避けてきた。
自分の非力さもあったからであろう。
だがこの頃になるとそこそこレベルも上がっており、「よし!第二期募集だ!」などといき込んでいた。

一月一日、実行した。

するとどうだろう。
七人の団員が集まった。日をはさんでいたから二日でである。
その後、さらに団員は増え、クランとして再び機能しだした。
有力な仲間も得た。
私の心の中に残った人たちは決して誰でも良かったわけでない。
一緒にいて初めて分かるその人の人格。電話回線越しにいるであろう彼らに私は「家族」のような思いを抱く。
もともと私は「クラメン≒家族」という気持ちでクランを作った。
だからであろうか、みんなイイ奴らで仲も良かった。

しかし、結局のところ「≒」なのである。しかも私の勝手な思い込みなのであるw
いつしかメンバーの顔を見ることが少なくなってきた・・・。
「一人クランですか?」と聞かれたこともあった。

ここ最近で見た人数なんて片手で足りる。
きっと私が不甲斐ないからであろう。
以前はちょこっと弱気になったりすることもあったさ・・・。

それでも周りに私を支えてくれる人がいるから今日までやってこれた。これは間違いない。
言葉では足りない感謝をしている。あ、だからといって何かくれとかなしねw

ん~、結局なにが言いたいかって言うと読んで分かるとおり自分でも分かりませんw話めちゃくちゃだし。
なぜクランの話からこのような話題が飛んだのか・・・、相当気がまいっている状態なのでしょうw
安らかに眠ろう。
そしてまた考えよう。


さて、最後に。

この日記をクランサイトにリンクさせてもらおうと思い立ちました。
私が日ごろどのような馬鹿をやっているかみんなに見せ付けるのも悪くないかなと思ってしまったからです。
もし読んだ方、遠慮なく「日記読んでやったのだから金だしな」とでも言ってくださいましw

あぁ、そうだ!この場を借りて・・・、


団員募集中です~!!

ただいまオラプリ不在、団長副団長不在の危機的状況なので友好協定を結ぶだけでもいいです!いや、いっそ入団してくれると嬉しいんだけどw
入団すると恒例の入団祝いがもらえますよw


さて、気を取り直して寝ます。

気軽に耳してください~^^

ではっ!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
うぅ・・・。
なんて言っていいのか・・・。

運営の見解では、Banが不正アクセスを受けキャラデリ、
そして再度キャラ作成
となっているみたいだが…。

団長キャラ(Ban)が削除された場合、
クランはどうなるのだろう。

もし、団長キャラを削除したらクランは自然消滅する仕様であれば
不正アクセスの線は薄くバグの可能性が
高い。
運営がそのバグを認識しておらず、
キャラを復活(再度作成)→再度バグ誘発→Lv1ババヲリへ

また、団長キャラを削除してもクランは存在しつづけるとした場合を考えてみる。

キャラが消失し運営によりキャラが復活した際に、
クエストが全リセットされていたということから、
バックアップデータから復活させたのでは無く、
Banという同名のキャラを運営が再度作成したと予想される。

1回目のキャラ消失による運営の対応は、団長キャラ作成以前から存在しているクランに、新しく作った団長キャラを強引に突っ込んだということになる。
なんか不具合出そうな気もするが・・・。
(これはあくまでも希望的観測だけど)

ここら辺のことをもう一度運営にメールしてみたらどうだろ?

時間があれば、団長キャラを消したらクランが消失するかどうか実験
してみるとか・・・協力するよ。
2006/03/23(木) 10:39:43 | URL | 凛○ #mQop/nM.[ 編集]
ふむ、確かにクラメンのみんなも口をそろえて「何故クランがまだ存在しているのか?」と言っていますしね。

私の捨てキャラを使って実験してみましょう。その際はお手伝いヨロシクです。
運営の対応の遅さを考えれば自分たちで実証した方が早いでしょう。

一日でも早く復活できるよう頑張ります!
2006/03/23(木) 16:52:58 | URL | Ban #-[ 編集]
バグだった場合のことを考えて

違うアカウントを取得してクランを作ったほうが良いかも。
何かの間違いがあるといけないからさ。

あと、だれかを副団長に任命しておくのも忘れずにやろう。
2006/03/23(木) 17:34:53 | URL | 凛○ #mQop/nM.[ 編集]
そうだね。

今夜実行してみましょ。
2006/03/23(木) 18:19:50 | URL | Ban #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。